Azure SQLはデフォルトの照合順序を設定します

azure-sql-database entity-framework-core

質問

Azure SQLのデフォルトの照合順序はSQL_Latin1_General_CP1_CI_ASです。言語にアクセント記号または発音区別記号があり、無視する場合はあまり役に立ちません。データベースを持つWebアプリケーションをAzureにデプロイするたびに、データベースを手動で作成し、その瞬間に照合順序を設定する必要があります。何らかの理由でこのデータベースを削除する必要がある場合は、照合順序と価格レベルを設定するために手動で再度作成する必要があることに注意する必要があります。

Entity Frameworkのコアメソッドを使用してデータベースを作成し、そこから照合順序を設定する(EnsureDatabaseCreatedおよびMigrate)が、これは現時点では不可能であると考えられ、Entity Frameworkが開発されていることを考えるとおそらく2035年になるでしょう。

だから、最良の解決策は、サーバーインスタンスの既定の照合を設定することです(新しいデータベースがこの既定値を持つようになります)が、作成時にオプションはありません...これは "正常な" SQL Serverインスタンスですが、SaaS Azure SQL Serverインスタンスが可能かどうかは誰にも分かりません。もしそうなら、どうですか?

人気のある回答

今日の時点では、Azure SQL DBサーバーの照合順序を変更することはできません - データベースのみ。

つまり、EFを使用してT-SQL文を実行して 、Azure SQL DBの照合順序を次のように実行することができます。

マスターを使用する。
GO
ALTER DATABASE MyOptionsTest
COLLATE French_CI_AS;
GO



Related

ライセンスを受けた: CC-BY-SA with attribution
所属していない Stack Overflow
ライセンスを受けた: CC-BY-SA with attribution
所属していない Stack Overflow